ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Top

検索タグ

変更履歴

メニュー


hardware:raspberry_pi:usb_otg_ethernet_connection

USB OTG Ethernet 接続

USB OTG(On-the-Go) Ethernet として Raspberry Pi Zero WH を認識させるには、SD メモリーカードにある cmdline.txt を編集する。

/boot/cmdline.txt
console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=067e19d7-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet init=/usr/lib/raspi-config/init_resize.sh

rootwait の後に modules-load=dwc2,g_ether を追記する。

/boot/cmdline.txt
console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=067e19d7-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait modules-load=dwc2,g_ether quiet init=/usr/lib/raspi-config/init_resize.sh

Index of /wp-content/uploads/telechargement より RPI Driver OTG.zip をダウンロードする。
もしくは、
Acer Incorporated. - Other hardware - USB Ethernet/RNDIS Gadget - Microsoft Update カタログ より Acer Incorporated. - Other hardware - USB Ethernet/RNDIS Gadget をダウンロードする。

デバイスマネージャーでドライバを更新すると ssh 接続出来るようになる。
Raspberry Pi USB OTG Ethernet 001 Raspberry Pi USB OTG Ethernet 002 Raspberry Pi USB OTG Ethernet 003 Raspberry Pi USB OTG Ethernet 004 Raspberry Pi USB OTG Ethernet 005 Raspberry Pi USB OTG Ethernet 006 Raspberry Pi USB OTG Ethernet 007 Raspberry Pi USB OTG Ethernet 008Raspberry Pi USB OTG Ethernet 009

Windows の PowerShell より接続する。

$ ssh pi@raspberrypi.local

初期ログイン情報: UID: pi、PWD: raspberry

hardware/raspberry_pi/usb_otg_ethernet_connection.txt · 最終更新: 2021/01/01 20:22 by ともやん