ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Top

検索タグ

変更履歴

メニュー


linux:mouse_fedora_install

マウスコンピューター Ultrabook LB-L461S に Fedora をインストールする

 ここでは、マウスの Ultrabook で Windows 8 と Fedora 18 をデュアルブートする方法について記載しています。
 ※日々あったことのメモなども…

前準備

Buffalo WLI-UC-GNM を用意する

 Fedora 18 の Live OS では、LB-L461S に内蔵の有線/無線LANとも新しいチップのため、LinuxLinux カーネルを用いたオペレーティングシステム Kernel が認識できません。
 以下の当時745円の USB Wifi WLI-UC-GNM を用意しておくと Live OS でも認識するので便利です。
WLI-UC-GNM

Windows 8 の領域を半分に縮小する

 Windows 8 のディスク管理で C ドライブを半分くらいに縮小します。

Windows 8 の高速起動を無効にする

 Windows 8 と Fedora をデュアルブートにする場合は、Windows 8 の高速起動を無効化する必要があります。
 高速起動を無効化しないとデータ損失に繋がる可能性があります。
 Fedora の変更点 - システム管理者向け

 Windows 8 の高速起動を無効にする方法は以下に詳しく書かれています。
 Windows8高速起動の無効化|蜃気楼の果て

LiveUSB で Fedora をブートしてインストールする

  1. Windows 8 に liveusb-creator をインストールする。
  2. USB Storage を FAT32 でフォーマットしておきます。
  3. LiveUSB Creater を右クリックして「管理者として実行」します。
  4. LiveUSB Creater で Fedora 18 x86_64 Desktop の USB を作成します。

    Download Fedora で Fedora 18 x86_64 Desktop を選択して Create Live USB ボタンをクリックします。
  5. 作成した USB でブートします。
  6. 予め空けておいた領域にインストールします。

インストール後の設定

ハードウェア クロックをローカルタイムで管理するように設定

 Fedora デフォルトでは、ハードウェアクロックが UTC で管理されるので、Windows 8 を起動した場合に時計が狂います。
 その為、ハードウェアクロックをローカルタイムで管理するように Fedora を設定します。

$ sudo vi /etc/sysconfig/clock
ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false

タッチパッドの設定

 Fedora 18 では、タッチパッドもサポートされるので、以下のように設定します。

  1. システム設定 > マウスとタッチパッド を開きます。
  2. タッチパッドの以下の項目をオンにします。
    [v] タイプ中は無効にする [v] 二指でのスクロール
    [v] タップでクリック     [v] 指を動かす方向にコンテンツが移動(ナチュラル)

内蔵無線LAN を認識させる

 最新 kernel の 3.6 から、内蔵無線LANの RTL8723AE を認識します。

$ sudo yum update kernel*
$ sudo modprobe -v rtl8723ae

 省電力機能についてエラーが発生するようなので、以下の設定を追加します。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/rtl8723ae.conf
options rtl8723ae fwlps=0

トラブルシューティング

起動に A start job is running ... で時間がかかる

 起動後に journalctl で確認してみると…

$ sudo journalctl -b

 ボリュームのマウントでタイムアウトしているようです。

systemd[1]: Job dev-disk-by\x2duuid-4fe7536b\x2d1bce\x2d4ad7\x2d8852\x2d92240b825f5c.device/start timed out.
systemd[1]: Timed out waiting for device dev-disk-by\x2duuid-4fe7536b\x2d1bce\x2d4ad7\x2d8852\x2d92240b825f5c.device.
systemd[1]: Dependency failed for /dev/disk/by-uuid/4fe7536b-1bce-4ad7-8852-92240b825f5c.

 fstab を確認してみる。

$ cat /etc/fstab 

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Wed Jun 19 00:51:24 2013
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
UUID=7a3c1ad9-c6a7-47ed-b2f6-4687f859b2ab /                       btrfs   subvol=root     1 1
UUID=c0256e0b-591f-4bf7-ae33-5f63b1881d2a /boot                   ext4    defaults        1 2
UUID=16AC-D1E4          /boot/efi               vfat    umask=0077,shortname=winnt 0 0
UUID=7a3c1ad9-c6a7-47ed-b2f6-4687f859b2ab /home                   btrfs   subvol=home     1 2
UUID=d57f96d8-4305-487b-a4a3-67936d3b6110 swap                    swap    defaults        0 0
UUID=4fe7536b-1bce-4ad7-8852-92240b825f5c swap                    swap    defaults        0 0

 デバイスの UUID を確認してみる。

$ ls -l /dev/disk/by-uuid
合計 0
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22 17:05 03360AAC49819A6F -> ../../sdb3
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22  2013 16AC-D1E4 -> ../../sda6
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22  2013 36EAC082EAC0403B -> ../../sda4
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22  2013 38A64AFCA64ABA60 -> ../../sda5
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22  2013 5060BE0960BDF5B6 -> ../../sda1
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22  2013 64BE-DF67 -> ../../sda2
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22  2013 7a3c1ad9-c6a7-47ed-b2f6-4687f859b2ab -> ../../sda8
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22  2013 c0256e0b-591f-4bf7-ae33-5f63b1881d2a -> ../../sda7
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22  2013 d57f96d8-4305-487b-a4a3-67936d3b6110 -> ../../sda9
lrwxrwxrwx. 1 root root 10  6月 22 17:05 df84dc86-58d8-4056-8374-5058ac821edf -> ../../sdb1

 存在しない UUID=4fe7536b-1bce-4ad7-8852-92240b825f5c の swap を fstab でマウントしようとしているようなので削除する。

$ sudo vi /etc/fstab

 インストーラがなぜこの fstab を設定したのかは不明ですが、無事起動が早くなりました。

linux/mouse_fedora_install.txt · 最終更新: 2019/05/18 02:23 (外部編集)