ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Top

検索タグ

変更履歴

メニュー


web:ie8

Windows Internet Explorer 8

ページのドキュメントモードを表示する

 以下の JavaScript を記述するとドキュメントモードを表示できる。

<script type="text/javascript">
<!--
document.write("このページのドキュメントモードは ");
if (document.documentMode)
{
    document.write(
        "<span style='color: blue'>IE " +
        document.documentMode + "</span>");
}
else
{
    document.write("<span style='color: red'>不明</span>");
}
document.write(" です。");
// -->
</script>

document.documentMode の値 説明
8IE8 標準モードの場合
7IE7 互換モードの場合
5IE5 互換モードの場合
undefinedFirefox など IE8 以外で表示した場合

サーバーサイドで互換モードを指定する

互換モードをページごとに指定する

 HTML ヘッダに以下のメタタグを記述する。

<head>
    <title>ページ タイトル</title>
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8" />
</head>
メタタグ 説明
content=“IE=8” IE8 標準モードで表示するように指示
content=“IE=7” IE7 互換モードで表示するように指示
content=“IE=5” IE5 互換モードで表示するように指示
content=“IE=5; IE=8” 複数の互換モードをサポートしているブラウザでは、もっとも高いバージョンのモードが選択される。

互換モードをサイトごとに指定する

Web.config で指定する方法

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<configuration>
   <system.webServer>
      <httpProtocol>
         <customHeaders>
            <clear />
            <add name="X-UA-Compatible" value="IE=EmulateIE7" />
         </customHeaders>
      </httpProtocol>
   </system.webServer>
</configuration>

インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャで設定する方法

  1. [スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]をクリックする。
  2. 名前に「%SystemRoot%\system32\inetsrv\iis.msc」を入力して[OK]ボタンをクリックする。
  3. IIS マネージャにて[ローカル コンピュータ] - [Web サイト]を展開して「既定のWebサイト」を右クリックしてプロパティを開く。
  4. 「既定のWebサイトのプロパティ」の画面で[HTTP ヘッダー]タブをクリックする。
  5. [カスタム HTTP ヘッダー]の[追加]ボタンをクリックする。
  6. [カスタムヘッダー名]テキストボックスに「X-UA-Compatible」を入力する。
  7. [カスタムヘッダー値]テキストボックスに「IE=EmulateIE7」を入力する。
  8. [OK]ボタンを2回クリックする。

参考文献

web/ie8.txt · 最終更新: 2019/08/19 07:19 by ともやん