ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Top

検索タグ

変更履歴

メニュー


hardware:rog_kvm_virtualization_server

ROG KVM 仮想化サーバー(ROG KVM Virtualization Server)

ROG KVM Virtualization Server 006 ROG KVM Virtualization Server 001

ASUS の ROG (Republic Of Gamers) な高性能マザーボードを駆使して、RedHat系 Linux の最新ディストリビューションである Fedora - Wikipedia で最新の Kernel-based Virtual Machine (KVM) - Wikipedia を利用して、シンクライアントシステム、シングルサインオンサーバー(Samba ADDC)、Windows MultiPoint Server、ファイル共有サーバー、Web サーバー、DNS、DHCP などをすべて仮想化技術を利用して動作させることにより、導入コスト (機材調達)とランニングコスト(電気代、交換部材のコストなど) を極限まで抑えた運用が行なえる IT ソリューションである。
ROG KVM Virtualization Server 002 ROG KVM Virtualization Server 003 ROG KVM Virtualization Server 004 ROG KVM Virtualization Server 005

TODO: お写真を整理しています😅💦💦💦


業務向けサーバー機で OC (オーバークロック) を駆使する理由

ROG KVM Virtualization Server 008 ROG KVM Virtualization Server 009
世界最速というロマンを求めるだけが、OC (オーバークロック) ではありません。プロはオーバークロックをコストのバランスを取る為に駆使します🤤

ROG KVM Virtualization Server 007 ROG KVM Virtualization Server 010
例えば、動画編集や科学技術演算の分野で、高価で高速なメモリーを少量しか搭載できなかった場合と、格安で高速・高耐久な永久保証 OC メモリーを最大容量搭載できた場合の処理パフォーマンスを比較してみると分かりやすいでしょう🤔

ROG KVM Virtualization Server 006

つまり、ASUS ROG や玄人志向などのオーバークロック製品が存在する意味をゲーマーという観点から捉えるのではなく、プロがコストのバランスを取るための手段と捉えてみると、プロのオーバークロックの理論が理解できるかと思います😊

ROG KVM Virtualization Server 011

より具体的な事例で言うと、シンクライアントサーバーに永久保証 OC メモリーを最大容量搭載して、大量のシンクライアント端末の処理をまかなうと、導入コストを抑えつつ全体的な電力も抑えられてバランスが取れた状態になります。大量端末の消費電力をシンクライアントという仕組みで既に抑えているので、サーバーメモリーのオーバークロックにより多少電力消費が増えたとしても、トータル電力消費でみるとそれは無視できると言うことです😉

また、このような理論はメモリーに限らず、グラフィックボードの GPU やグラフィックス専用メモリーのオーバークロックにより GPGPU を行う場合も同様の効果を期待できる場合があります🤤

ギャラリー

ROG KVM Virtualization Server 005

参考文献

付録

hardware/rog_kvm_virtualization_server.txt · 最終更新: 2021/11/20 01:28 by ともやん