ユーザ用ツール

サイト用ツール


windows:commands:file_folder

ファイル&フォルダ関連

ファイルとフォルダのコピー[xcopy]

書式:

> xcopy Source [Destination] [options]
オプション 説明 オプション 説明
/w キー入力されるまで処理を待機。 /p コピー先ファイルごとに作成確認を表示。
/c エラーを無視して続行。 /v コピー後にコピー元と先のファイルをベリファイ。
/q コピー中のファイル名表示を抑制。 /f コピー中にコピー元と先のファイル名を表示。
/l コピーするファイルの一覧を表示。 /g 暗号化をサポートしないコピー先に、暗号化を解除してコピーすることを許可。
/d
[:mm-dd-yyyy]
コピー先よりも新しいコピー元ファイルをコピー。または、指定日付以降に変更されたコピー元ファイルをコピー。 /u コピー先に存在するファイルのみをコピー。
/i コピー元がフォルダまたは複数ファイル(ワイルドカード)指定の場合、コピー先のフォルダが存在しない場合はフォルダを作成してコピー。 /s 空ではないサブフォルダをコピー。
/e 空のサブフォルダもコピー。 /t 空ではないフォルダ構造(ツリー)のみをコピー。
/k コピー元のファイル属性をコピー。 /r コピー先の読み取り専用ファイルを上書き。
/h 隠しファイル・システムファイルをコピー。 {/a|/m} アーカイブ属性のファイルのみをコピー。
/aはコピー元のアーカイブ属性を変更しない。
/mはコピー元のアーカイブ属性を解除する。
/n NTFS のショートファイル名・ショートフォルダ名でコピー。 /o アクセス権(DACL)と所有者の情報をコピー。
/x 監査設定(SACL)をコピー。
/oも暗黙指定される。
/exclude
:file1[+[file2]][+[file3]]
コピー処理から除外する条件一覧をファイルで指定。
{/y|/-y} コピー先ファイルの上書き確認を表示。(/yしない。/-yする。) /z ネットワーク切断などに備えて再開可能モードでコピー。
/? コマンドの説明を表示。

使用例:

フォルダのコピー

> xcopy D:\src D:\dest /i /s /e /h /y

 コピー先 D:\dest フォルダがなければ作成(/i)し、ファイルやサブフォルダ(/s)、隠しファイル・システムファイル(/h)もすべてコピーする。コピー先の上書き確認を表示しない(h)。

更新された内容のみの差分コピー

> xcopy D:\src D:\dest /d /i /s /e /h /y

 コピー元の更新分のみをコピー先へコピー(/d)する。他は フォルダのコピー と同じ。

バックアップコピー

> xcopy D:\src D:\dest /m /i /s /e /h /y

 アーカイブ属性のファイルのみをコピー先へコピー(/m)する。(コピー元のアーカイブ属性を解除)
 他は フォルダのコピー と同じ。

コピー処理から除外する条件一覧を指定する

除外条件一覧ファイル(exclude_list.txt)

.sln
.cs\
\bin\
\obj\

※ 除外条件を .cs\ ではなく .cs とした場合、.cs .css .csproj .cs などが対象となるので注意。

> xcopy D:\src D:\dest /i /s /e /h /y /exclude:exclude_list.txt
windows/commands/file_folder.txt · 最終更新: 2019/08/19 07:27 by ともやん