ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Top

検索タグ

変更履歴

メニュー


windows:vmware

VMware Player/Workstation Pro

インストール

製品のダウンロード より VMware-player-15.0.2-10952284.exe をダウンロードしてインストールする。

VMware Player で Android x86 8.1-r1 を動かす

Android x86 8.1-r1 の入手

VMware Workstation Player で仮想マシンを作成する

VMware Workstation Player を起動して「新規仮想マシンの作成」を押して以下の仮想マシンを作成する。

名前:               android_x86
メモリ:             2GB
プロセッサ:         1
ハードディスク(IDE): 10GB
CD/DVD(IDE):        android-x86_64-8.1-r1.iso
ネットワーク アダプタ: NAT
USB コントローラ:     あり
サウンドカード:       自動
プリンタ:             あり
ディスプレイ:         自動(3D グラフィックのアクセラレーション Off※)

※3D グラフィックのアクセラレーションは Android x86 8.1-r1 のリリースノートに以下の記載があって使えない。

Known issues

  • Google Play Service may crash sometimes on the 32-bit image.
  • Suspend and resume doesn't work on some devices.
  • Nvidia GPU (nouveau) may hang sometimes.
  • 3D support of VMware is broken. (only non-accelerated mode works)
  • Taking photos doesn't work if Vulkan is enabled.

インストール

QEMU で Android x86 8.1-r1 を動かす - インストール と同じなので、そちらを参照。

画面解像度の指定

kernel オプションに vga=ask を指定すると起動時に以下の一覧が得られる。
Mode の 16 進数を 10 進数に直して vga に渡すと変更できる。
例: 341 1024x768x32 VESA を指定したい場合は Hex:341 → Dec:833 なので vga=833 と指定する。

Mode: Resolution:  Type: Mode: Resolution:  Type: Mode: Resolution:  Type:
0 F00   80x25      VGA   1 F01   80x50      VGA   2 F02   80x43      VGA
3 F83   80x28      VGA   4 F05   80x30      VGA   5 F06   80x34      VGA
6 F07   80x60      VGA   7 300  640x400x8   VESA  8 301  640x480x8   VESA
9 303  800x600x8   VESA  a 305 1024x768x8   VESA  b 30E  320x200x16  VESA
c 311  640x480x16  VESA  d 314  800x600x16  VESA  e 317 1024x768x16  VESA
f 320  320x200x8   VESA  g 321  320x400x8   VESA  h 322  640x400x8   VESA
i 323  640x480x8   VESA  j 324  800x600x8   VESA  k 325 1024x768x8   VESA
l 326 1152x864x8   VESA  m 32E  320x200x16  VESA  n 32F  320x400x16  VESA
o 330  640x400x16  VESA  p 331  640x480x16  VESA  q 332  800x600x16  VESA
r 333 1024x768x16  VESA  s 334 1152x864x16  VESA  t 33C  320x200x32  VESA
u 33D  320x400x32  VESA  v 33E  640x400x32  VESA  w 33F  640x480x32  VESA
x 340  800x600x32  VESA  y 341 1024x768x32  VESA  z 342 1152x864x32  VESA
  356  320x240x8   VESA    357  320x240x16  VESA    358  320x240x32  VESA
  359  400x300x8   VESA    35A  400x300x16  VESA    35B  400x300x32  VESA
  35C  512x384x8   VESA    35D  512x384x16  VESA    35E  512x384x32  VESA
  35F  854x480x8   VESA    360  854x480x16  VESA    361  854x480x32  VESA
  36E  720x480x8   VESA    36F  720x480x16  VESA    370  720x480x32  VESA
  371  720x576x8   VESA    372  720x576x16  VESA    373  720x576x32  VESA
  374  800x480x8   VESA    375  800x480x16  VESA    376  800x480x32  VESA
  1. VMware Workstation Player を起動して「新規仮想マシンの作成」を押して以下の仮想マシンを作成する。
    名前:               Fedora x86_64
    メモリ:             2GB
    プロセッサ:         1
    ハードディスク(IDE): android_x86.vmdk
    CD/DVD(IDE):        Fedora-Workstation-Live-x86_64-29-1.2.iso
    ネットワーク アダプタ: NAT
    USB コントローラ:     あり
    サウンドカード:       自動
    プリンタ:             あり
    ディスプレイ:         自動

    ※ハードディスク(IDE) に android_x86 をインストールした仮想ディスクを指定する。
     CD/DVD(IDE) に Fedora 29 Workstation Live を指定する。

  2. Fedora x86_64 を起動し ESC キーを1回押して、CD-ROM の Fedora 29 Workstation Live からブートする。
  3. 起動したら「Activity」-「アプリケーションを表示する」-「Terminal」を起動する。
  4. 「Terminal」に以下のコマンドを入力して、android_x86 の起動メニューの設定を書き換える。
    $ su -
    # mount -t ext4 /dev/sda1 /mnt
    # vi /mnt/grub/menu.lst
    /mnt/grub/menu.lst
    default=0
    timeout=6
    splashimage=/grub/android-x86.xpm.gz
    root (hd0,0)
     
    title Android-x86 8.1-r1
            kernel /android-8.1-r1/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot.selinux=permissive SRC=/android-8.1-r1 quiet vga=833 nomodeset xforcevesa
            initrd /android-8.1-r1/initrd.img
     
    title Android-x86 8.1-r1 (Debug mode)
            kernel /android-8.1-r1/kernel root=/dev/ram0 androidboot.selinux=permissive DEBUG=2 SRC=/android-8.1-r1 quiet vga=833 nomodeset xforcevesa
            initrd /android-8.1-r1/initrd.img
     
    title Android-x86 8.1-r1 (Debug nomodeset)
            kernel /android-8.1-r1/kernel nomodeset root=/dev/ram0 androidboot.selinux=permissive DEBUG=2 SRC=/android-8.1-r1 quiet vga=833 nomodeset xfor
    cevesa
            initrd /android-8.1-r1/initrd.img
     
    title Android-x86 8.1-r1 (Debug video=LVDS-1:d)
            kernel /android-8.1-r1/kernel video=LVDS-1:d root=/dev/ram0 androidboot.selinux=permissive DEBUG=2 SRC=/android-8.1-r1 quiet vga=833 nomodeset xforcevesa
            initrd /android-8.1-r1/initrd.img
  5. 起動メニューの設定を書き換え終わったら Fedora 29 Workstation Live をシャットダウンする。
  6. android_x86 の VM を起動してみる。
    Tablet Info
    \\

参考文献

windows/vmware.txt · 最終更新: 2019/08/19 06:41 by ともやん